外面が良いにもほどがある 登場人物とあらすじ 

 

 外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
タイトルまとめ


スポンサードリンク

タイトル

  1. 外面が良いにも程がある。
  2. 業務上偽装恋愛
  3. いたい にがい 少し甘い
  4. 優しい毒薬

 

 

 1.外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
登場人物

 

 主な登場人物 

 

瀬高一成(せたかかずなり)
主人公。女性に点数をつけて、ランク付けする癖がある。
かなりの女好き。
自分をかなりのイケメンだと思っている。
女性の前だとよく気の付く良い男と思わせるのが得意。

吉野安貴(よしのあき)
ヒロイン。瀬高に20点と付けられた地味な女性。
自分が男にもてないのはわかっているが、プライドが少し高い感じ。
メガネ女子。
もしかして、ツンデレ?

佐藤マミ(さとうまみ)
瀬高と吉野が知り合うことになった合コンの首謀者。
瀬高の元カノ。
合コンには自分よりかわいい子は連れてこない。
かなりのオトコ好き。
男の前だとブリッコモードになる。

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す