外面が良いにもほどがある 第1話 あらすじのネタバレ 吉野(ヒロイン)編 その3

 

 外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
第1話 外面が良いにも程がある。その3
吉野(ヒロイン) 目線でネタバレ

 


スポンサードリンク

人間誰だって「裏の顔」ってある。

まぁそういうのはうまく隠して、愛想よく、外面よくしてた方が世の中生きやすいわけで・・・・

 

皆さん!こんにちは!
ブログ製作者です。
今回はちょっと変わったネタバレを書いてみたいと思います。

 

ヒロイン目線あらすじネタバレします。

 

 

 

< ヒロイン、吉野安貴 >

前話より・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瀬高さんが突然職場までやって来たわ!!

 

「瀬高さん?どうしたんですか急に?」

 

ホントにごめん、残業手伝う!?っていきなりどうしたの??

 

 

「待って!!社外の人に、そんなことさせられないので!!」

 

 

・・・じゃあ待っている・・・終わるまでずっと待ってるからって・・・何で?・・・でも嬉しい♪

早く仕事終わらせなきゃ・・・

 

「ごめんなさい、遅くなって」

 

残業は佐藤マミに仕事押し付けられたからだろって!?

 

「でも、彼女急用があるらしくって・・・」

 

なんか、瀬高さん呆れている感じだわ。

 

「そうだ、はいっコーヒー。ウチの近所のコンビニのやつで、すごく美味しくて、会社の冷蔵庫に買って置いてたんですよ。
この前コーヒー奢るって約束しましたでしょ?」

 

はぁ、やっとコーヒー渡すことが出来て良かったわ。

あっ、瀬高さんがハグしてきた・・・

 

 

「・・・瀬高さん、身体が冷たい」

 

 

えーい、思い切ってキスしちぇえ!!

 

 

「・・・ウチに来ます?」

 

 

はぁ、ウチに着いたわ・・・瀬高さん、また残業の事で謝ってくるし・・・

 

 

「?そんなの瀬高さんのせいじゃないじゃないですか・・・

こないだの合コンに来てた子たち、みんなキレイなネイルしてましたよね

私、理工学系の出身で、ずっと実験とかばっかりやってたから、会社に入ってあんなキレイな爪の女の子がいるんだーってびっくりしたんですよ。

私とは違う、鑑賞されるためだけにあるようなキレイな手

だから、あなたが私の手をキレイって言ってくれて、すごく嬉しかった・・・ありがとう

 

 

そして・・・瀬高さんとベッドに入って・・・

 


 

-翌朝-

あっ瀬高さんが起きた・・・会社行くって!?

 

「もうそんな時間ですか?」

 

って瀬高さん・・・私の事見つめ過ぎ・・・

 

 

「瀬高さん?」

 

 

まんが!まんが!メガネ取ると美女って・・・私の事??

 

 

「何言ってるんですか?へんな人ですね」

 

 

瀬高さん、なんか腑に落ちない様子だわ。

 

「ああ、そうだ、残業のことですけどね?・・・瀬高さんが心配するようなことはないですよ?

私も楽しんでやってますし・・・

だって・・・マミさんのお仕事の分、フォルダを開くと1時間後に自動的に消去するプログラムを
こっそり入れてあるんです。

次の日彼女が仕事をしていたら、突然データが消えちゃうわけですよ。

もちろんコピーしたディスクは持っていますから、私がマミさんのミスを毎回フォローするので業務に支障はありません。

マミさんは毎回ミスを怒られて、私はフォローを評価される、もともとわたしのした仕事なんですから当然の評価ですよね。

本人は自分のミスで消えたと思っているし、腹いせにまた私に残業を押し付けようとしてるんでしょうけど、全部私が仕組んでるって気付かないなんて・・・

あの人おバカなフリして、ホントにバカなんですかね?」

 

 

あれっ!?瀬高さん何か考え事してるのかしら・・・

 

 

「瀬高さん?」

 

 

えっ?合コンの時、マミちゃんが私の事を純粋って言ってたの本当かって!?

 

 

「・・・・・・そのとおりですよ・・・25にもなって恥ずかしんですけど・・・イヤになりました?」

 

 

あれー、まだ何か考え事している・・・

 

 

「どうかしました?

ろくに仕事しない鑑賞用の手って、要りますかねぇ?」

 

— 外面が良いにも程がある。 完 ―

 

外面が良いにも程がある。ネタバレ(瀬高編 その3)はコチラをクリック!!

業務上疑似恋愛ネタバレ はコチラをクリック!!

 

 

 

▼ 画像クリックで、無料立ち読み ▼外面が良いにも程がある。▲ 画像クリックで、無料立ち読み ▲


スポンサードリンク

コメントを残す