外面が良いにもほどがある 第1話 あらすじのネタバレ 瀬高(主人公)編 その3

 

 外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
第1話 外面が良いにも程がある。その3
瀬高(主人公) 目線でネタバレ

 


スポンサードリンク

人間誰だって「裏の顔」ってある。

まぁそういうのはうまく隠して、愛想よく、外面よくしてた方が世の中生きやすいわけで・・・・

 

皆さん!こんにちは!
ブログ製作者です。
今回はちょっと変わったネタバレを書いてみたいと思います。

 

主人公目線あらすじネタバレします。

 

 

 

< 主人公、瀬高 >

 

前話の続き・・・

 

 

 

 

吉野さんの職場へ来ている、オレの彼女への間違った認識、元カノの行動、全て謝りたい。

「ごめんっ!!ホントにごめんっ!!オレ残業手伝うから!!・・・えっ、手伝うのダメッ・・・
・・・じゃあ待ってる、終わるまでずっと待ってるから!!」

最悪だ・・・恋愛もその時が楽しけりゃいい・・・薄っぺらに生きて来た

そのツケが・・・彼女に・・・今だってそうだ

待ってる・・・こんなのただのポーズだ・・・自分を少しでも良く思われたくて

・・・自分の罪悪感を消したくて・・・あんな子に対してオレは・・・恥ずかしい・・・

 

 

あっ・・・吉野さんが出て来た。

 

「佐藤マミに仕事押し付けられたんだろ・・・?そんな残業することないよ・・・」

 

勇気を出して聞いてみた。

吉野さんは、マミちゃん急用があるらしくって・・・だから代わりに残業を・・・って本当は違うから・・・・

なんか、情けなくて合わせる顔が・・・

 

吉野さんがコーヒーを差し出してくれた。

律儀に、この間の約束(食事をおごってあげた代わりに、あとで缶コーヒーの1本でも奢っていったのを)を覚えていてくれた。

なんだよ・・・なんでこの子・・・こんなにいい子なんだよ。

 

オレは思わず抱きしめてしまった。そしたら・・・えっ!彼女の方からキスをしてきた!?

・・・ウチに来ないかだって!?


きっとこの子は、オレみたいな人種の奴らのせいで、嫌な思いもたくさんしてきたんだろう。

こんなオレでも、吉野さんが、スキって言ってくれるなら・・・どんないい人間にでもなれる気がする。


 

翌朝—

起きると、横にはもの凄くかわいい子が寝ている・・・・・・・えっ!!!吉野さん!!!

 

「・・・まんが!!?メガネっ子がメガネ摂ると美女ってまんが!!!?逆外ヅラ・・・!!!?」

 

え―――何これ―――こんなのってアリ―――?

だまされた・・・完全にオレ騙された・・・逆の意味で・・・

 

吉野さんが話し始めた。えっ、昨日の佐藤マミに押し付けられた残業の事!?

アレは心配することないだって!?、残業を楽しんでやっている!?

 

 

なんで残業が楽しいのか理解に苦しんでいると・・・吉野さんが続けて・・・

 

マミがパソコンのフォルダを開くと1時間後に消去するプログラムを意図的に仕込んであって・・・マミは毎回ミスを怒られ、吉野さんはフォローを評価されて・・・

 

全部吉野さんが仕組んでいる・・・

えっ・・・全部意図的に・・・な・・・なに!?・・・何この子・・・実は腹黒!!!

 

 

もうちょっと、突っ込んで・・・

「マミが君のこと純情だっていってたけど・・・アレ実際どうなの?」

 

・・・・・・・・

 

ダイジョブだこの子は・・・純情で素直ないい子だ・・・うん・・・でも・・・

初めての女が、ああいうコト言えるか・・・?

 

・・・初めてだとは一度も言ってないな・・・実はこんな美人で今まで全然モテませんでしたとかあるか??

・・・いや別に初めてじゃなくてもいいんだけどさ・・・そもそも美人なのになぜそれを隠してる!?

 

・・・いつか・・・いつか吉野さんの化けの皮を剥してやる!!!

 

— 外面が良いにも程がある。 完 ―

外面が良いにも程がある。ネタバレ(吉野編 その3)はコチラをクリック!!

 ➡業務上疑似恋愛 ネタバレはコチラをクリック!!

 

▼ 画像クリックで、無料立ち読み ▼外面が良いにも程がある。▲ 画像クリックで、無料立ち読み ▲

スポンサードリンク

コメントを残す