外面が良いにもほどがある 第1話感想

スポンサードリンク


 

 

人間誰だって「裏の顔」ってある。

まぁそういうのはうまく隠して、愛想よく、外面よくしてた方が世の中生きやすいわけで・・・・

 

皆さん!こんにちは!
ブログ製作者です。

『外面が良いにも程がある』を読んだ感想です。

 

 

 

 

まず、外面が良い、と言うと世間体を気にしながら、周囲に愛嬌を振りまく人物が頭に浮かびます。

主人公の瀬高は正に外面が良い男性だと思いますが、そんな彼が出会った安貴との関係性がこういう展開で変わっていくとは全く予想していませんでした。

よくありがちな、イケメンが地味女子に出会い、地味女子が開花するというストーリー展開かな、と始めは思っていましたが、まさかの展開が待っており、読みながら何度も驚くことになりました。

また、作者さんが描いていた地味な眼鏡女子のしぐさが美しいところに愛らしさを感じていたのですが、実は容姿の面でも美女とわかり、良い意味で裏切られたため、続きの展開にドキドキしてしまいました。

そして、安貴の容姿の美しさに反して、仕事上でのこれまでのしたたかな行動を知ると、実は内面から力強い女性なのだと気付き、外面良いというタイトルがここでも活きてくるのかと、またしても良い意味で裏切られた、と思いました。

それから、瀬高の外面が良かったことが安貴と深い付き合いに発展するきっかけになったのかとは思いますが、安貴のかわいさだけでなく芯の強い部分にも気付き惹かれ始めてからは、瀬高が安貴に対して余裕のない感じが出始めてきて、よりキュンとしました。

最後に、出会った当初より瀬高は安貴に対して、女性として美しい部分があることを感じ、本能的に美女であることを嗅ぎ分けていたのではと思い、嗅覚のすごさを感じました。

 

外面が良いにも程がある。ネタバレ(瀬高編 その1)はコチラをクリック!!

外面が良いにも程がある。ネタバレ(吉野編 その2)はコチラをクリック!!

 

▼ 画像クリックで、無料立ち読み ▼▲ 画像クリックで、無料立ち読み ▲

 

 

スポンサードリンク


外面が良いにもほどがある 第1話 あらすじのネタバレ 吉野(ヒロイン)編 その3

外面が良いにも程がある

 

 外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
第1話 外面が良いにも程がある。その3
吉野(ヒロイン) 目線でネタバレ

 


スポンサードリンク

人間誰だって「裏の顔」ってある。

まぁそういうのはうまく隠して、愛想よく、外面よくしてた方が世の中生きやすいわけで・・・・

 

皆さん!こんにちは!
ブログ製作者です。
今回はちょっと変わったネタバレを書いてみたいと思います。

 

ヒロイン目線あらすじネタバレします。

 

 

 

< ヒロイン、吉野安貴 >

前話より・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瀬高さんが突然職場までやって来たわ!!

 

「瀬高さん?どうしたんですか急に?」

 

ホントにごめん、残業手伝う!?っていきなりどうしたの??

 

 

「待って!!社外の人に、そんなことさせられないので!!」

 

 

・・・じゃあ待っている・・・終わるまでずっと待ってるからって・・・何で?・・・でも嬉しい♪

早く仕事終わらせなきゃ・・・

 

「ごめんなさい、遅くなって」

 

残業は佐藤マミに仕事押し付けられたからだろって!?

 

「でも、彼女急用があるらしくって・・・」

 

なんか、瀬高さん呆れている感じだわ。

 

「そうだ、はいっコーヒー。ウチの近所のコンビニのやつで、すごく美味しくて、会社の冷蔵庫に買って置いてたんですよ。
この前コーヒー奢るって約束しましたでしょ?」

 

はぁ、やっとコーヒー渡すことが出来て良かったわ。

あっ、瀬高さんがハグしてきた・・・

 

 

「・・・瀬高さん、身体が冷たい」

 

 

えーい、思い切ってキスしちぇえ!!

 

 

「・・・ウチに来ます?」

 

 

はぁ、ウチに着いたわ・・・瀬高さん、また残業の事で謝ってくるし・・・

 

 

「?そんなの瀬高さんのせいじゃないじゃないですか・・・

こないだの合コンに来てた子たち、みんなキレイなネイルしてましたよね

私、理工学系の出身で、ずっと実験とかばっかりやってたから、会社に入ってあんなキレイな爪の女の子がいるんだーってびっくりしたんですよ。

私とは違う、鑑賞されるためだけにあるようなキレイな手

だから、あなたが私の手をキレイって言ってくれて、すごく嬉しかった・・・ありがとう

 

 

そして・・・瀬高さんとベッドに入って・・・

 


 

-翌朝-

あっ瀬高さんが起きた・・・会社行くって!?

 

「もうそんな時間ですか?」

 

って瀬高さん・・・私の事見つめ過ぎ・・・

 

 

「瀬高さん?」

 

 

まんが!まんが!メガネ取ると美女って・・・私の事??

 

 

「何言ってるんですか?へんな人ですね」

 

 

瀬高さん、なんか腑に落ちない様子だわ。

 

「ああ、そうだ、残業のことですけどね?・・・瀬高さんが心配するようなことはないですよ?

私も楽しんでやってますし・・・

だって・・・マミさんのお仕事の分、フォルダを開くと1時間後に自動的に消去するプログラムを
こっそり入れてあるんです。

次の日彼女が仕事をしていたら、突然データが消えちゃうわけですよ。

もちろんコピーしたディスクは持っていますから、私がマミさんのミスを毎回フォローするので業務に支障はありません。

マミさんは毎回ミスを怒られて、私はフォローを評価される、もともとわたしのした仕事なんですから当然の評価ですよね。

本人は自分のミスで消えたと思っているし、腹いせにまた私に残業を押し付けようとしてるんでしょうけど、全部私が仕組んでるって気付かないなんて・・・

あの人おバカなフリして、ホントにバカなんですかね?」

 

 

あれっ!?瀬高さん何か考え事してるのかしら・・・

 

 

「瀬高さん?」

 

 

えっ?合コンの時、マミちゃんが私の事を純粋って言ってたの本当かって!?

 

 

「・・・・・・そのとおりですよ・・・25にもなって恥ずかしんですけど・・・イヤになりました?」

 

 

あれー、まだ何か考え事している・・・

 

 

「どうかしました?

ろくに仕事しない鑑賞用の手って、要りますかねぇ?」

 

— 外面が良いにも程がある。 完 ―

 

外面が良いにも程がある。ネタバレ(瀬高編 その3)はコチラをクリック!!

業務上疑似恋愛ネタバレ はコチラをクリック!!

 

▼ 画像クリックで、無料立ち読み ▼▲ 画像クリックで、無料立ち読み ▲


スポンサードリンク

外面が良いにもほどがある 第1話 あらすじのネタバレ 瀬高(主人公)編 その3

 

 外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
第1話 外面が良いにも程がある。その3
瀬高(主人公) 目線でネタバレ

 


スポンサードリンク

人間誰だって「裏の顔」ってある。

まぁそういうのはうまく隠して、愛想よく、外面よくしてた方が世の中生きやすいわけで・・・・

 

皆さん!こんにちは!
ブログ製作者です。
今回はちょっと変わったネタバレを書いてみたいと思います。

 

主人公目線あらすじネタバレします。

 

 

 

< 主人公、瀬高 >

 

前話の続き・・・

 

 

 

 

吉野さんの職場へ来ている、オレの彼女への間違った認識、元カノの行動、全て謝りたい。

「ごめんっ!!ホントにごめんっ!!オレ残業手伝うから!!・・・えっ、手伝うのダメッ・・・
・・・じゃあ待ってる、終わるまでずっと待ってるから!!」

最悪だ・・・恋愛もその時が楽しけりゃいい・・・薄っぺらに生きて来た

そのツケが・・・彼女に・・・今だってそうだ

待ってる・・・こんなのただのポーズだ・・・自分を少しでも良く思われたくて

・・・自分の罪悪感を消したくて・・・あんな子に対してオレは・・・恥ずかしい・・・

 

 

あっ・・・吉野さんが出て来た。

 

「佐藤マミに仕事押し付けられたんだろ・・・?そんな残業することないよ・・・」

 

勇気を出して聞いてみた。

吉野さんは、マミちゃん急用があるらしくって・・・だから代わりに残業を・・・って本当は違うから・・・・

なんか、情けなくて合わせる顔が・・・

 

吉野さんがコーヒーを差し出してくれた。

律儀に、この間の約束(食事をおごってあげた代わりに、あとで缶コーヒーの1本でも奢っていったのを)を覚えていてくれた。

なんだよ・・・なんでこの子・・・こんなにいい子なんだよ。

 

オレは思わず抱きしめてしまった。そしたら・・・えっ!彼女の方からキスをしてきた!?

・・・ウチに来ないかだって!?


きっとこの子は、オレみたいな人種の奴らのせいで、嫌な思いもたくさんしてきたんだろう。

こんなオレでも、吉野さんが、スキって言ってくれるなら・・・どんないい人間にでもなれる気がする。


 

翌朝—

起きると、横にはもの凄くかわいい子が寝ている・・・・・・・えっ!!!吉野さん!!!

 

「・・・まんが!!?メガネっ子がメガネ摂ると美女ってまんが!!!?逆外ヅラ・・・!!!?」

 

え―――何これ―――こんなのってアリ―――?

だまされた・・・完全にオレ騙された・・・逆の意味で・・・

 

吉野さんが話し始めた。えっ、昨日の佐藤マミに押し付けられた残業の事!?

アレは心配することないだって!?、残業を楽しんでやっている!?

 

 

なんで残業が楽しいのか理解に苦しんでいると・・・吉野さんが続けて・・・

 

マミがパソコンのフォルダを開くと1時間後に消去するプログラムを意図的に仕込んであって・・・マミは毎回ミスを怒られ、吉野さんはフォローを評価されて・・・

 

全部吉野さんが仕組んでいる・・・

えっ・・・全部意図的に・・・な・・・なに!?・・・何この子・・・実は腹黒!!!

 

 

もうちょっと、突っ込んで・・・

「マミが君のこと純情だっていってたけど・・・アレ実際どうなの?」

 

・・・・・・・・

 

ダイジョブだこの子は・・・純情で素直ないい子だ・・・うん・・・でも・・・

初めての女が、ああいうコト言えるか・・・?

 

・・・初めてだとは一度も言ってないな・・・実はこんな美人で今まで全然モテませんでしたとかあるか??

・・・いや別に初めてじゃなくてもいいんだけどさ・・・そもそも美人なのになぜそれを隠してる!?

 

・・・いつか・・・いつか吉野さんの化けの皮を剥してやる!!!

 

— 外面が良いにも程がある。 完 ―

外面が良いにも程がある。ネタバレ(吉野編 その3)はコチラをクリック!!

 ➡業務上疑似恋愛 ネタバレはコチラをクリック!!

 

 

 ▼ ▼ ▼ 画像クリックで、無料立ち読み ▼ ▼ ▼▲ ▲ ▲ 画像クリックで、無料立ち読み ▲ ▲ ▲

スポンサードリンク

外面が良いにもほどがある 第1話 あらすじのネタバレ 吉野(ヒロイン)編 その2

 

 外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
第1話 外面が良いにも程がある。その1
吉野(ヒロイン) 目線でネタバレ

 


スポンサードリンク

人間誰だって「裏の顔」ってある。

まぁそういうのはうまく隠して、愛想よく、外面よくしてた方が世の中生きやすいわけで・・・・

 

皆さん!こんにちは!
ブログ製作者です。
今回はちょっと変わったネタバレを書いてみたいと思います。

 

ヒロイン目線あらすじネタバレします。

 

 

 

< ヒロイン、吉野安貴 >

前話より・・・

 

・・・とある喫茶店で・・・

瀬高さん、ワタシの食べ方がキレ―ですって、それに手も細長くてキレイだって・・・嬉しい、恥ずかしい!!

ほっぺがポッ!!

 

 

「・・・・あ、ありがとうございます。・・・・ワタシ誤解してました
瀬高さんてモテそうだし、ワタシみたいなのはバカにしてるイヤな人かと思っていました・・・
でもこないだだって、別にあなたのせいじゃないのに
わざわざ追いかけて、誤ってくれたりして・・・いい人なんですね」

 

 

ワタシ瀬高さんのこと好きになっちゃいそう!!

楽しい時間ってあっという間ね。食事の代金払わなきゃ。

 

 

「あの、お代・・・」

 

 

いーよいーよですって?瀬高さんてどこまでいい人なの!?

今度缶コーヒーの1本でも奢ってよって・・・必ず缶コーヒー奢らなきゃ!!

 

 

「どうも御馳走様でした・・・」

 

 


 

次の日

あ~今日も残業だわ。あっ、瀬高さんからメールが・・・なになに・・・

今日仕事終わりにまたメシでもどう?・・・うわぁ、うれしいわ。

でも残業で遅くなっちゃうから・・・すみません、残業でいけません・・・送信!!

 

 

また次に日

また瀬高さんからメールが来たわ・・・今日の仕事終わりはどう?・・・

・・・すみません、今日も残業です・・・送信!!

 

 

 

そのまた次の日

・・・今日も残業です・・・送信!!

瀬高さんから電話来たわ・・・今どこにいるって?何時くらいに残業終わりそうって?

 

 

「会社ですけど・・・残業22時過ぎるので・・・」

 

 

プツッ(電話切る音)・・・

忙しいのに・・・電話かけてこないで欲しいわ。

でも瀬高さんからの電話・・・嬉しい・・・

 

・・・・

 

 

 

また、瀬高さんからメールが来たわ・・・

仕事中ゴメン。ちょっと外に出てこれない?って・・・

 

 

「瀬高さん?どうしたんですか急に?」

 

 

ホントにごめん、残業手伝う!?っていきなりどうしたの??

 

 

「待って!!社外の人に、そんなことさせられないので!!」

 

 

・・・じゃあ待っている・・・終わるまでずっと待ってるからって・・・何で?・・・でも嬉しい♪

早く仕事終わらせなきゃ・・・

 

つづく・・・

 

外面が良いにも程がある。ネタバレ(瀬高編 その2)はコチラをクリック!!

外面が良いにも程がある。ネタバレ(吉野編 その3)はコチラをクリック!!

 

▼ 画像クリックで、無料立ち読み ▼▲ 画像クリックで、無料立ち読み ▲


スポンサードリンク

外面が良いにもほどがある 第1話 あらすじのネタバレ 瀬高(主人公)編 その2

 

 外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
第1話 外面が良いにも程がある。その2
瀬高(主人公) 目線でネタバレ

 


スポンサードリンク

人間誰だって「裏の顔」ってある。

まぁそういうのはうまく隠して、愛想よく、外面よくしてた方が世の中生きやすいわけで・・・・

 

皆さん!こんにちは!
ブログ製作者です。
今回はちょっと変わったネタバレを書いてみたいと思います。

 

主人公目線あらすじネタバレします。

 

 

 

< 主人公、瀬高 >

 

前話の続き・・・

 

そして、次の日の夜・・・喫茶店で・・・

彼女、やっぱり、仕草は綺麗なんだよなー

 

「食べ方キレ―だよね。なんだろ?手つきかな?
手もさ、別におしゃれしてるわけじゃないけど、細長くてきれいだよね?
言われない?」

 

これはホントのことだし、褒めとけ褒めとけ、他にほめるとこねーし

おっ、彼女顔があかくなってんじゃん!!照れてるのかぁ??

 

しかも、ありがとうございますって、そんな素直に受け取られると・・・スゲー罪悪感!!

 

えっ・・・オレ、いい人だって!?

いやいやいや、ほんとに純情なんだね彼女!!

コロッと騙されすぎだよ!!

 

俺なんて、超外面人間だし・・恋愛もその時が楽しけりゃいいって考え方だし・・・

 

でも・・・

 

会計済ませて帰るかな・・・20点彼女、お代払うって・・・

 

 

「いーよいーよ、オレが誘ったんだし・・・今度、缶コーヒーの1本でもおごってよ」

 

 

「はい」ってどこまで素直なんだよ!!

彼女おごられ慣れてねーな。

 

でも・・・ありかも?しんない??

今までにないタイプだけど、最近取り繕う恋愛の駆け引きみたいなのも疲れてきたし、

たまには、こういうピュアなのもいいかもしれない!!

 

 

 

次の日・・・

彼女にメールしてみるかな・・・今日仕事終わりにまたメシでもどう?・・・送信っと!

・・・はえぇー、もう返信来たよ!

なになに・・・すみません、残業でいけませんって・・・

 

また次の日・・・

今日仕事終わりにまたメシでもどう?・・・送信!!

・・・すみません、今日も残業です・・・

 

そのまた次の日・・・

・・・今日も残業です・・・

 

・・・ってオイ!!彼女残業多すぎだろ!!

まさかオレ避けられてる!?・・・フラれた・・・?

 

落ち込む・・・何・・・なんでオレこんなにショック受けてんの?

あれか!?子供に本気で嫌われるとスゲーヘコむみたいな・・・

 

気分転換にたまたまそこにいた、元カノのマミとメシでも行く事にしよう。

マミは吉野さんと同じ部署のはずだが・・・なんで定時で上がれんの?・・・

えっ・・・吉野さんだったら会社終わりに用事がなさそうだから、終わらなかった仕事をお願いしてるって・・・

 

「ちょっと待てよ・・・デートの度に吉野さんに仕事押し付けてんの?
なんだよそれ?
それ、ちょっとひどくね?」

 

思わず怒ってしまった。

えっ!?オレも恩恵を受けてた??

そういえば・・・昔定時に上がってマミとデートしていたな・・・

 


 

 

仕事中にゴメン。ちょっと外に出てこれない?・・・メール送信!!

早く吉野さんに会いたい・・・その一心で・・・

あっ、吉野さん来てくれた!!

 

「ごめんっ!!ホントにごめんっ!!オレ残業手伝うから!!・・・えっ、手伝うのダメッ・・・
・・・じゃあ待ってる、終わるまでずっと待ってるから!!」

 

最悪だ・・・恋愛もその時が楽しけりゃいい・・・薄っぺらに生きて来た

そのツケが・・・彼女に・・・今だってそうだ

待ってる・・・こんなのただのポーズだ・・・自分を少しでも良く思われたくて

・・・自分の罪悪感を消したくて・・・あんな子に対してオレは・・・恥ずかしい・・・

 

外面が良いにも程がある。ネタバレ(吉野編 その2)はコチラをクリック!!

 外面が良いにも程がある。ネタバレ(瀬高編 その3)はコチラをクリック!!

 

 

 ▼ ▼ ▼ 画像クリックで、無料立ち読み ▼ ▼ ▼▲ ▲ ▲ 画像クリックで、無料立ち読み ▲ ▲ ▲

 

スポンサードリンク

外面が良いにもほどがある 登場人物とあらすじ 

 

 外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
タイトルまとめ


スポンサードリンク

タイトル

  1. 外面が良いにも程がある。
  2. 業務上偽装恋愛
  3. いたい にがい 少し甘い
  4. 優しい毒薬

 

 

 1.外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
登場人物

 

 主な登場人物 

 

瀬高一成(せたかかずなり)
主人公。女性に点数をつけて、ランク付けする癖がある。
かなりの女好き。
自分をかなりのイケメンだと思っている。
女性の前だとよく気の付く良い男と思わせるのが得意。

吉野安貴(よしのあき)
ヒロイン。瀬高に20点と付けられた地味な女性。
自分が男にもてないのはわかっているが、プライドが少し高い感じ。
メガネ女子。
もしかして、ツンデレ?

佐藤マミ(さとうまみ)
瀬高と吉野が知り合うことになった合コンの首謀者。
瀬高の元カノ。
合コンには自分よりかわいい子は連れてこない。
かなりのオトコ好き。
男の前だとブリッコモードになる。

 

 


スポンサードリンク

外面が良いにもほどがある 第1話 あらすじのネタバレ 吉野(ヒロイン)編 その1

 

 外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
第1話 外面が良いにも程がある。その1
吉野(ヒロイン) 目線でネタバレ

 

スポンサードリンク


 

 

人間誰だって「裏の顔」ってある。

まぁそういうのはうまく隠して、愛想よく、外面よくしてた方が世の中生きやすいわけで・・・・

 

皆さん!こんにちは!
ブログ製作者です。
今回はちょっと変わったネタバレを書いてみたいと思います。

 

ヒロイン目線あらすじネタバレします。

 

 

 

< ヒロイン、吉野安貴 >

 

今日は同僚のマミに合コンに誘われた。

どうしてもっていうから、断り切れなくて・・・本当は乗り気じゃないのに・・・

 

あっ自己紹介がはじまっちゃった。

 

「吉野安貴です・・・」

 

えっ、同じビル内にこんな可愛い子が揃った会社がある・・・お世辞じゃないの?

瀬高(主人公)って人、やたらと気の利く人ね。

皆に目配せ、気配りしているみたい。

どうせ、ワタシなんて眼中になんだろうけど・・・

 

まぁいいわ、美味しいゴハンでも食べて帰ろうかな。

 

ってか、マミってなんで男の前だとあんなにブリッ子になるのかしら・・・

私達との接し方が正反対だわ。

 

あっ!今、瀬高さんと目が合っちゃった!!ポッ!!恥ずかしい~

 

もしかして、ワタシのこと・・・

 

男性陣が私のことを話題にし始めたわ!

瀬高さん、やっぱりワタシのこと見つめてたんだわ。

マミちゃん、「吉野さんに手を出したらダメですよ~、純情なんですから~」なんて、余計な事いわないでよ!!

なんでそんな勝手なコト言うの!!

もう付き合ってらんない!!

帰るわ!!

 

「ワタシ、帰りますね・・・お金これでいいですか?」

 

あ~つまんない合コンだった。はやく家に帰ろっと。

あれっ?誰かが私を呼んでいる・・・瀬高さん・・・

 

「・・・何か?」

 

オレのせいで居心地悪い思いさせてごめんって言われても・・・

 

「今日は、マミさんに合コンするからぜひ来て。と言われてきました。
でも、合コンに誘っておいて、人を「純情」と決めつけて、それだから手を出すな
なんて、バカにしてますよね」

 

・・・えっ!そんなことない?

明日の仕事終わりにデートしよう!?・・・瀬高さんって・・・ワタシ狙いだったの・・・!?

 

 

 

翌日の夕方・・・とある喫茶店で・・・

 

 

「あの、今日はお誘いいただきありがとうございます」

 

うれしいわ、瀬高さんに誘われて・・・ご飯食べよっと・・・

瀬高さんに・・・見つめられてる・・・!?

 

「?・・・あの・・・?」

 

ワタシの食べ方がキレ―ですって、それに手も細長くてキレイだって・・・嬉しい、恥ずかしい!!

 

ほっぺがポッ!!

 

外面が良いにも程がある。ネタバレ(瀬高編 その1)はコチラをクリック!!

外面が良いにも程がある。ネタバレ(吉野編 その2)はコチラをクリック!!

 

▼ 画像クリックで、無料立ち読み ▼▲ 画像クリックで、無料立ち読み ▲

 

 

スポンサードリンク


外面が良いにもほどがある 第1話 あらすじのネタバレ 瀬高(主人公)編 その1

 

 外面が良いにも程がある。|尾崎衣良|小学館
第1話 外面が良いにも程がある。その1
瀬高(主人公) 目線でネタバレ

人間誰だって「裏の顔」ってある。

まぁそういうのはうまく隠して、愛想よく、外面よくしてた方が世の中生きやすいわけで・・・・

 

皆さん!こんにちは!
ブログ製作者です。
今回はちょっと変わったネタバレを書いてみたいと思います。

 

主人公目線あらすじネタバレします。

 

スポンサードリンク



< 主人公、瀬高 >

 

今日は同僚と一緒に、オレが仕切る合コンだ。

さてさて、今回は可愛い娘は来ているのかな?

 

山田サチコちゃん・・・50点!

田中ナオミちゃん・・・45点!

佐藤マミちゃん・・・70点、ってかオレの元カノだし・・・

吉野安芸ちゃん・・・20点!ダサいメガネかけちゃってるし・・・

 

ん~、いまいちなメンバーだなぁ。

まぁ取りあえず、嫌われるのもなんだし、点数稼いでおくか!

 

「みんなすごい可愛いね!!
同じビル内にこんな可愛い子が揃った会社が入ってるなんて知らなかったなー」

 

もうちょっと点数稼ぐか!

 

「メニュー見る?届く?
あれ?ナオミちゃん、お酒ないよ?何か頼む?
コレ超ウマい!食べてみなよ」

 

おっ、もう、45点のナオミちゃんがオレの作戦に引っかかったみたいだぞ。

オレの手にかかればイチコロだね。

 

でも・・・今日はハズレだな・・・

 

元カノとはいえ、自分よりレベルの高い女連れてこないってのはホントだな。

マミの奴、元カレにしあわせになってもらいたいとか思わねーのかよ!

 

あっ!!20点女と目が合っちゃったよ・・・

そもそも合コンなのに、もっとおしゃれできないのかねー?

やる気ないんじゃないの、20点女!!

 

あれ・・・でも・・・20点女なのに・・・意外に食べ方とかすごくキレイだな・・・

 

・・・あちゃあ~、同僚に20点女見てるのバレちゃったよ。

 

 

「いや別に見つめては・・・・」

 

 

マミちゃんも、俺に向かって「吉野さんに手を出したらダメ」なんて、余計な事言うなよ、手出さねーから。

20点女は純情で真面目なのは良くわかったからさぁ・・・

 

 

あっ、20点女怒っちゃった??帰るって言ってるよ。

オレのせい!?何だか申し訳ないことしたなー

ちょっと行って謝ってくるかな。

 

「よ・・・吉野さんっ!ごめんオレのせいで居心地悪い思いさせて・・・」

 

20点女相手に何でオレが取り繕ってんだ?

 

「オレ・・・吉野さん狙いだし・・・明日の仕事おわりにデートしようよ」

 

心にもないこと言っちゃたよー

何言っちゃてんのオレ!!

外面がいいにも程があるだろ、病気かよオレ!!

 

 

そして、次の日の夜・・・喫茶店で・・・

 

20点女今日も絶好調で地味だな。

一応デートなんだから、もっと垢抜けた格好してくりゃいーのに・・・

どーして、こうなった?

 

彼女、やっぱり、仕草は綺麗なんだよなー

 

「食べ方キレ―だよね。なんだろ?手つきかな?
手もさ、別におしゃれしてるわけじゃないけど、細長くてきれいだよね?
言われない?」

 

これはホントのことだし、褒めとけ褒めとけ、他にほめるとこねーし

 

おっ、彼女顔があかくなってんじゃん!!照れてるのかぁ??

 

外面が良いにも程がある。ネタバレ(吉野編 その1)はコチラをクリック!

 

▼ 画像クリックで、無料立ち読み ▼▲ 画像クリックで、無料立ち読み ▲

 

スポンサードリンク